不良品だっ!その2



不良品のDVD-Rをメーカーに送付するということを3月31日の


ブログに書いたが、今日、メーカーからその回答が来た。


何のことかわからない人は、先に3月31日のブログ


読んでください。


 


メーカーからの調査報告書によると、付着していた塗膜片のような


白い物は、レーベル面用インクであるとのことだった。


おっ!私の想像は正しかったんじゃん!


プリンターでレーベル面に印刷できるように白く塗ってあるやつね、


やはりあれが、製造過程で記録面に付着していたってことだ。


報告書の弊社見解のところには、「~今後はご迷惑をお掛けしない


ように社員一同尽力する所存です~(中略)~より一層の品質向上に


努めて参ります~」などのお詫びの言葉が書かれていた。


しかしねぇ・・・この製品って、誰もが知ってる日本の一流メーカーのMが


販売している物だが、原産地は台湾なんだよね。


ま、他の一流メーカーのメディアでも、原産地は台湾や韓国の物も多いけど。


台湾のメーカーがOEM供給している製品を、このメーカーが


自社ブランドで売ってるだけなのか?


もしそうなら、品質向上に努めると言っても、そう簡単じゃないかも


しれないけどねぇ。


 


太陽誘電のサイトだったと思うけど、DVDなどのメディアはなるべく


国産の物を使いましょうって書いてあったっけ。


理由はもちろん、国産のメディアは品質がいいからだ。


たしかにぃ~(←DAIGO風・わからない人はスルーして)


太陽誘電のDVDやCDは、品質のよさでかなり評価が高い。


太陽誘電ってThat’sのブランドで販売しているが、イメージ的には


マイナーな感じだけどね。


でも、他のメーカーにOEM供給しているから、品質・生産能力も高いらしい。


もっと品質にこだわりがあるマニアは、森メディアの製品を使っているようだ。


森康裕氏という理学博士が設計したDVDは、普通の製品より値段が


高いが、品質はとても良いとのこと。


なんとこれ、通販や一部大手量販店でないと買えないようですよ。


おっと・・・話が違う方に行きそうになったぞっ。


話を戻そう。


 


今回、メーカーから送られて来た物は、代替品のDVD-Rが3枚と、


こちらが不良品を送った送料分の切手だけ。


ふむむ~。


ま、別に私はクレーマーじゃないから、もっとDVDを送れと言うわけじゃ


ないけど、3枚ってのが微妙な数だねぇ。。


はっきり言って、20枚や10枚パックのDVD-Rを買うと、1枚あたりの


値段はかなり安いのだ。


それを、不良品があったからとメーカーに説明文を添えて現物を


送っても、わずか2枚多く代替品が届いただけだったのだ。


現物を梱包して説明文を書き、郵便局に行って重さを計ってもらって


送付したことを考えると、その手間の方が高くついたぞっ(涙)


・・ってことで、不良品があってもあきらめて捨てるか、それとも手間を


かけてメーカーに連絡して2枚程多く貰うかどうか・・・そんなジレンマに


陥らないためにも、これからは、メディアはなるべく日本製の


品質の良い物を使おうかなと・・・。

関連記事
PR
プロフィール

かずちん師匠

管理人:かずちん師匠
このブログでは、懸賞の当選品の報告や、ゆるキャラについての記事を掲載しています。
管理人は他にも、ディズニーの情報を掲載している、きよみたん&かずちん師匠の写真集・ブログを運営していたり、YouTube おみくまタンのチャンネルでは、ゆるキャラの動画を投稿しています。
こちらも遊びに来てください。

最新記事
ブログランキング
1日1回クリックして応援してください。




PR
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
管理人が運営する他のサイト等
ブログ村ランキング
RSSリンクの表示
カウンター
QRコード
QR
PR